MADURO [マデュロ]

投稿者:

グランドハイアットの4Fにある、大人めのラウンジ。毎晩ジャズの生演奏があり、平日は1時、週末は2時までやっている。

通常の入り口からは直行するエレベーターがなく、オークドアなどのある6Fで専用のエレベーターに乗り換えるあたりが、なんとも怪しく“大人”である。

6Fにはオークドアのオークバーがあり、週末はスタンディングで外国人が溢れるほどの盛況だが、こことはまた違った大人なラウンジがマデュロだ。

ジャズのライブ演奏をやっているが、正直演奏のクオリティは低い。レギュラーでピアノ・ベース・ドラムの3人構成のバンドがおり、それに数ヶ月単位でシンガーが入れ替わる。ありがちなボサノバ系やスタンダード系がほとんど。あれならBGMを流していれば十分だと思うが、音楽を聞くというより「生演奏をしている空間」である事にのみ意味がある。これでしっかりとミュージックチャージを取る訳だから、もう少し工夫とクオリティがほしい。
同じハイアット系でも、パークハイアットのニューヨークバーのほうがシンガーの質は高い。

たまに数日限定でスポットのアーティストが来日してフィーチャーされていることがあるが、その場合はもう少しましである。そこらへんは、ホームページを見れば判る。

グランドハイアットは、都内でも特に外国人の比率が高いが、オークバーが外人だらけなのに比べて、マデュロのほうは日本人率が高い。

マデュロの最大の難点は煙。とにかく、一旦入ったら、体中がタバコ臭くなる。当然全体が喫煙可能だし、シガーのエリアがあるので仕方ない。このタバコ臭があるので、基本的には行きたくないラウンジ。

内部は大きく分けてカウンターとソファーと、半個室的なボックスシート。ソファーのエリアが、大きく3つくらいのコンセプトに分かれている。

サービスで言えば、バーテンダーは普通、というかホテルとしては低い。スタッフは、クロークの女性は、知る限りでは気持ちの良い対応をしてくださる。ホールの男性スタッフは、かなりばらつきがある。服装で見分けがつくのかもしれないが、かなりきちんと接してくれて知識もある方もいれば、オンリストしているグラスシャンパンの名前すら覚えておらず、手を挙げて目が合っても素通りするようなスタッフも多い。
ホテルラウンジなのだから、サービスはきちんとしてほしい。

肝心の酒類についてだが、ワインやウイスキーは、流石に色々揃っていて、特にワインでいえばアメリカが充実している。ウィスキーの揃えはしっかりしているし、ホールの詳しそうな方に尋ねると、オンリストされてないものも探してくださる。
※上記のダメスタッフはあっさりと断るが。

ウィスキーやワインの香りを楽しみたい場合は、シガーのエリアから出来るだけ離れた、半個室タイプのシートがオススメだ。

hoho

xixo

この日は、スタッフの方と話していて、スコッチの面白そうなものを探してもらった結果、カリラの30年を、なんと抜栓していただいた。こちらが色々とスコッチの話を持ちかけ過去ともあってか、その方が凄く嬉しそうにしてくださり、色々提案して頂いた。きちんとしたバーのバーテンさんのようだった。こういう方ばかりだと良いのだが。。

fufu

ストレートでオーダーすると、MADUROのチョコレートを添えてくれたが、これは誰にでも出しているわけでは無いようだ。やっぱりデキるスタッフには、色々と話しかけてみるものだ。

なお、駐車場側からは、秘密の通路のような経路で、直行できるエレベーターがある。