Ruinart makers dinner

投稿者:

(イベント)リュイナールのセラーマスターを迎えてのメーカーズディナー。リベルテ・ア・ターブル・タケダさん。しかし、つくづくここのテーブルセッティングとライティングは素晴しい。

DSC08843

DSC08847

表現のお勉強という事で、このアロマサンプル(ルネデュヴァン)を嗅いで、何の香りかを当てていくわけだが、レモンとシトラスがどう違うかというのについて解説していただいたが、良くわからず、、結果は8個のうち、5個の香りの正解となった。

DSC08845

img025

知らない方との相席で、グループディスカッション的に意見を言い合うのはなかなか厳しい。背中のバックリ空いたドレスで着ているおばさまが、レモンといったら、自分はパイナップルと思っても従うしかない。

DSC08885

最高醸造責任者のパナイオティス氏。テーブルでは何んと彼の隣にして頂いて、緊張の連続。シャンパンやルイナールの歴史から、ブティーユとマグナムの違い、ビンテージの特徴などをご説明頂いた。

DSC08856

DSC08860DSC08872

金柑

DSC08889

タケダさんでは、ソースを注ぐプレゼンテーションは、必ず1回は登場する。

DSC08901

火加減が絶妙で美味しかった。やはりメインは、牛よりも豚や鴨などが良い。

DSC08906

この店は、必ずどこかで液体窒素を使ってくる。

bottle.jpg【ワイン】
ブラン・ド・ブラン N.V. MG
ドン・リュイナール ロゼ 2004
ドン・リュイナール 1993
ドン・リュイナール 1993 MG

リュイナールは、特に「ブラン・ド・ブラン」が、都内の高級ホテルのラウンジなどでグラスワインとしてよく登場するようになった。プロモーション活動に熱心なのだろう。

それほどドサージュも強くなく、嫌いなワインでは無いので良い傾向だ。