Margo [マーゴ]

投稿者:

(祐天寺)ワイン・料理共に良し。とても小さな店舗で、訪れた際はほぼ女性客。
小さなテーブルが数個と、奥行きの狭いカウンター。

このカウンターは、目の前をコンクリートの絶壁で塞がれていて圧倒される。そして不思議な形の蝋燭。色んな形の蝋燭を作られているようだ。
店主はなんだか、修行中の仙人のような不思議な雰囲気。

DSC00159.jpg最初はちょっと引き気味だったが、意外とこのカウンターの居心地がいい事に気付いた。隣が居れば別だったのかもしれないが、視界に余計なものが入らない分、食事や会話に専念できる。狭くて窮屈という事も無い。
白装束の店主も、穏やかな語り口で押し付けが無くリラックスできた。

44

まずはいつもどおりに、グラスで泡をオーダーすると、シュトロマイヤーのロゼが出てきた。このゼクトは他店でも評判が良い。
しかもちょっと驚いたのは、フレンチのごとく、大き目の薄いグラスで出てきた。ステムの短いロブマイヤータイプ。恐らく木村硝子のサヴァか、下位シリーズかもしれない。こういうグラスで出てくる時点で、店主のワインへの愛情(プライド)を感じる。

初めての店ではお決まりのパテ・ド・カンパーニュ。ギュッと詰まった好きなタイプなのだが、テリーヌ型なので、テリーヌ・ド・カンパーニュと言う店もあるし、田舎風パテという店もある。味云々より、手作りであってほしいな。
そういえば、最近あまりパテ・アンクルートって世間で見なくなったな。

パンは自家製かどうか確認していないが大ぶりで美味しい。

momo

季節感のある、桃のブッラータ。美味しい一皿だった。真鍮のスプーンも可愛い。

1

夏野菜たち。味加減がバッチリ好み。引き続き白ワインをお願いするが、3種類ほど持ってきていただいた。ニコロス・アンターゼのルカツィテリ。白というよりオレンジワイン。3本から選ばせて頂いた。
それでも飲み足りなかったので、オレンジに続いて安心のド・ラ・カデットのシャルドネを。

reerererデザートに、バナナケーキを。これまた甘さがささやかで美味しい。ちなみに右上が先述の不思議な蝋燭。

deso.jpg

お店の方は、閉店後によくヴェール・ヴォレ(アン・ジュール)にいらっしゃる。

最後は余ったパンを持ち帰らせてもらった。再訪必須。次回もカウンターを狙いたい。

なお、昼間はパンケーキやクラフトビールが人気のようなので、こちらも近いうちに一度伺おうと思う。

【ワイン】
シュトロマイヤー / ロゼ・ゼクト NV
ニコロス・アンターゼ / ルカツィテリ
ドメーヌ・ド・ラ・カデット / ブルゴーニュ・ヴェズレー・ラ・シャトレーヌ