L’Osier

(銀座)フレンチの、いやレストランの最高峰にあるロオジエ。この店については、様々な形容詞があてはまるので、どうやって表現していいやら言葉が難しい。流石は資生堂のレストラン。卓上の美意識は追随を許さない。

きた福 銀座店

(銀座)季節の旬なカニを、生きたまま目の前で調理してくれる。毛蟹・タラバ・黄金がになどに加えて、季節により活あわびや河豚、鰻なども出している。全て個室。

六雁 [むつかり]

(銀座)野菜の美味しさをひきだす日本料理店。精進料理の世界で活躍していたシェフがつくる和食は、フレンチの要素も感じさせる。

喰善 あべ

(銀座)ここはなんといっても“おくどはん”で炊き上げるご飯が売りだ。炊き上がる前のレアな状態を頂き、炊き上がった米は、朝ごはんのごとく、めざしやお新香で頂く。L時カウンターの狭い店舗なので、この炊き上がるご飯が良く見える。